求人口コミ

戻る     次へ


HOME>


リンクサイト1>


求人口コミ>


求人口コミ

求人口コミ

求人口コミ

求人掲示板などの
投稿型の口コミ求人などです
求人口コミのホームページです
求人口コミへ



発達心理学

発達心理学は、
人の加齢に伴う
発達的変化を研究する
心理学の一分野。
かつては、子どもが
大人になるまでの
過程が発達であると
考えられていたが、
現在では老年期までも含め、
人は生涯を通して
変化・成長を続けるものと
捉えられるようになったため、
発達心理学の研究対象も、
加齢による人の一生涯の
変化過程となった。
一生涯を研究対象とする
視点を強調するために、
生涯発達心理学と
呼称される場合もある。
研究領域は、各発達段階での心的、
社会的、身体的な発達とそのための条件、
また発達を阻害する
要因や発達障害などが含まれる。
発達段階ごとに区分された
幼児心理学、児童心理学、
青年心理学、老年心理学などは
発達心理学の下位領域と見なされる。
近年、これらに加えて、胎児期や
壮年期の研究も増えている。



発達障害は、身体や、学習、
言語、行動の何れかにおいて
不全を抱えた状態であり、
その状態はヒトの発達期から現れる。
原因は先天的な脳機能の
偏りである事が殆どで、
発達の偏りに伴う能力の欠落は
生涯にわたって治る事はない。
大抵の場合、認識がずれていて、
自己管理やコミュニケーションが
困難かつマニュアル通りの
対応しかできず、特定の物事に
対する過剰な興味関心も現れるため、
社会生活に多数の困難が生じる。
文字上は発達の障害であるが、
発達が著しい成長期までに
発覚するとは限らず、
成人期以降の社会生活の中で
大人の発達障害として
発覚することもある。
義務教育段階の通常の学級で
発達障害者は6.5%程度の
在籍率と言われ、大人の発達障害に
移行する場合も多いことから、
様々な組織で頻繁に見られる
障害であると言える。
大人の発達障害の場合、
勤務成績が著しく低く
成長が無いことから
退職勧奨の対象になることが多く、
会社を自主退職するか
解雇され非正規労働者や
無職などの低所得者になる
可能性が高い。また、
企業の競争力強化のため、
採用段階でコンプライアンス違反や
パフォーマンス不良などの
人材リスクを排除するための
適性検査が数多く考案されているが、
発達障害者を発見し、
採用を回避するための設問も
設けられている。
専門家でない者が
直感的に理解できるほど
簡単な障害ではなく、
法律上、発達障害者として
認められるためには、
医師による精密な検査と
診断が必要である。


適性検査

適性検査とは、職業・学業などに
おける特定の活動にどれほど
適した素質をもっているかを
判定するための検査。
職業適性検査・進学適性検査
・音楽適性検査等が上げられる。
具体的には知能検査、学力検査、
性格検査、運動能力検査等の
要素を組み合わせることによって
就学、就業など特定目的に対する
適性能力を調べる検査である。






ページの上部へ