金融書籍

戻る     次へ


HOME>


リンクサイト2>


金融書籍>


金融書籍

金融書籍

金融書籍

金融関係の書籍を
読んで金融の知識を
高めていきましょう!
金融書籍ホームページです
金融書籍



情報技術

情報技術とは、
コンピュータを使って
あらゆる種類の電子的なデータや
情報を作成、処理、保存、取得、
交換することである。
ITは一般的に、業務運用の
文脈の中で用いられ、
個人的な用途や娯楽の
ための技術とは異なる。
ITは、通信を含めた概念である
情報通信技術の一部で
あると見なされる。また、
情報システムとは一般に、
限られたIT技術者のグループに
よって運営される
コンピュータシステムおよび
通信システムのことである。



情報通信技術

情報通信技術とは、
情報技術を拡張した用語であり、
ユニファイド・コミュニケーションの
役割を強調し、電話線や
ワイヤレス信号による通信とコンピュータ、
そして主要な企業アプリケーション、
ミドルウェア、ストレージ、
視聴覚システムなどを統合し、
ユーザーが情報をアクセス、
保存、送信、操作できるよう
にする技術である。
ICTという用語は、
単一の配線またはリンクシステムを介する、
コンピュータネットワークの、
視聴覚ネットワークや電話網への
技術的収束を指す単語としても使われる。
配線や、信号分配、管理を単一の
システムに統一し、それを用いて
電話網をコンピュータネットワークシステムに
統合することには大きな経済的誘因がある。
ICTは包括的な用語であり、
その中にはラジオやテレビ、携帯電話、
コンピュータ、ネットワークハードウェア、
衛星システムなどのようなあらゆる通信機器と、
テレビ会議や遠隔学習というような
様々なサービスや機器を含む。



技術的収束

技術的収束とは、
もとは無関係であった
技術がその進歩に伴って
次第に1つの機器や媒体に
統合されていくことである。
コリン・R・ブラックマンは
1998年にテクノロジー・サービスと
産業構造の進化の傾向として
技術的な収束を指摘している。
技術的収束の傾向が指摘された後、
より具体的に、通信、コンピュータ、
放送が単一のデジタル・ビットストリームに
集約されることを指す用語とされた
しかしながら、Muellerは技術的収束に
ついて、異なる技術や産業が融合して
いくことを本質としているのではなく、
その本質はデジタル・コンピュータという
1つの技術がすべての媒体を
乗っ取っていくことであると指摘している。
Siddhartha Menonは技術における
収束について2006年の報告書において、
携帯電話やデータ放送、
情報技術インフラなどの多数の媒体が
ネットワークアーキテクチャによる
単一でシームレスな万能の
プラットフォームに統合される
尺度によって測られる変化の
進歩と記述している。






ページの上部へ